blog

フロッグマンに初のフルアナログモデルが新登場!

2020.06.19

1993年のデビュー以来、ファンに愛されてきたG-SHOCK のダイバーズ時計 「FROGMAN」が、シリーズ初となるフルアナログで新たに登場しました!
フロッグマンの特徴である左右非対称のフェイスデザインはそのままに、ホームタイム・デュアルタイムの時刻表示、そしてダイビング時間計測の全てをアナログで表現。
立体インデックスと大型の蓄光針を採用することで、視認性もアップし、計測情報を直感的に判断できるデザインに仕上がっています!

G-SHOCK フロッグマン GWF-A1000 6月19日発売

フルモデルチェンジしたフロッグマン GWF-A1000。
デザインだけでなく、素材や構造、機能面においても進化しています。
軽くて強いカーボン繊維入りの強化樹脂素材を使用し、ケースと裏蓋を一体化させたカーボンモノコックケースを採用。
さらに、ガラスを圧入したメタルリングを6本のビスで固定、ボタンシャフトには3種のガスケットを装着して気密性を高めることで、ISO規格200m潜水用防水を実現しています。
スクリューバックを採用していた前作のGWF-D1000シリーズと比べ、22gの軽量化を実現するとともに、着け心地も向上しました。

GWF-A1000裏蓋
おなじみのカエルキャラはアナログ針を装備

バンドには汚れがつきにくく、加水分解を起こしにくい「フッ素エラストマー」を採用し、過酷な環境下でも耐えうる仕様になっています。

ブラック・ブルー・レッドの3カラーの展開

機能面では、潜水時間と水面休息時間を針で表示するダイブモードを搭載。
潜水時、時針と分針を重ねて1本針として動かすことで、潜水時間をわかりやすく表示します。
時・分針と8時側インダイアルのデュアルタイム針には、高速運針を可能にする3つのデュアルコイルモーターを使用、新たに搭載したBluetooth®システムによる新モジュールとともに、ストレスフリーな操作性を実現しています。
専用アプリケーション「G-SHOCK Connected」をダウンロードし、対応するスマートフォンに連携させることで、ダイビングログをスマートフォン上で確認でき、時計側で計測したデータをより詳細に楽しむことができます。

無反射コーティングを施したサファイアガラスに、鮮やかな光で文字板を照らすスーパーイルミネーター(高輝度LEDライト)で見やすさも確保。
標準電波にくわえて、Bluetooth®による時刻修正にも対応しているので、ハードな海中のシーンだけでなく、日常使いでも活躍すること間違いなしです!

GWF-A1000-1A2JF/GWF-A1000-1AJF/GWF-A1000-1A4JF
¥90,000-(税別)

カテゴリ:G-SHOCK , WATCH

ページの先頭へ

facebook facebook twitter
Copyright © 2018 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー