2018年11月29日新発売
アストロン史上最高性能「5Xシリーズ」

ユーザーのライフスタイルに寄り添うことで、国内外を問わず、高い支持を獲得してきた、世界初のGPSソーラーウオッチ アストロン。
新たなラインアップとなる「5Xシリーズ」は、時計史における「第二の革命」を、次のステージへと導きます。

・新設計のモジュールと圧倒的な運針スピードによる「高速タイムゾーン修正機能」
受信性能に関わる全てのパーツを新たに開発、衛星を探し出す能力を改善し、最短3秒で時刻情報を取得します。さらに、時・分・秒針それぞれに独立したモーターを搭載することにより、時刻修正時の運針速度も劇的に向上しました。
(※東京→NY(時差14時間)での運針速度の比較:8Xシリーズ 34秒、5Xシリーズ 3秒)
また、日本のほぼ真上に長時間留まるよう工夫された準天頂衛星「みちびき」の4機すべて(※2018年10月現在)に対応しており、日本国内において、これまで以上に高い受信成功率を誇ります。

・ホーム/ローカルタイムを瞬時に切り替え
タイムトランスファー機能により、簡単なボタン操作(2時と4時位置のボタンの同時長押し)でホームとローカルタイムを瞬時に切り替えることが可能です。

・さらなる低消費電力化による、ケースサイズの小型化を実現
消費電力は、新規開発したGPSモジュールを搭載した、新規設計のムーブメントにより、デビューモデルである「7Xシリーズ」の約1/4、第二世代の「8Xシリーズ」に対して、およそ半分の低消費電力化に成功。
これに伴いソーラー充電システムやムーブメント自体を小型化し、完成品としてケース径:42.9mm、厚さ:12.2mmの世界最小最薄のGPSソーラーウオッチが誕生しました。
(※2018年10月12日時点)

・究極のストレスフリー「スーパースマートセンサー(自動時刻修正)」
セイコー独自の技術である自動時刻修正機能「スマートセンサー」は、さらに進化。
「5Xシリーズ」では、太陽光を感知してから受信開始するまでの時間を、ユーザーの使用環境に応じて、より受信成功率の高いタイミングへ自動的に可変させる新システムを採用。
さらに、省電力化により従来は補助的な仕様であった任意時刻設定(前回強制受信に成功した時刻)による受信を強化し、異なる受信方法で最大1日2回の自動時刻修正を行い、より高い時刻精度を実現します。
(※スマートセンサーとは
セイコー独自の自動時刻修正機能。ダイヤルに太陽光が当たると5秒以内に自動で受信を開始します(1日1回)。
また、袖口などに隠れて太陽光を感知できなくても、前回強制受信に成功した時刻を記憶していて、その時刻に自動受信を開始。ユーザーが気づかぬうちにいつでも正確な時刻になっている画期的な機能です。
充電量が不足しているときには受信を行いません。タイムゾーンを移動した際にはタイムゾーン修正が必要になります。)

・新開発の簡易アジャスト機構「スマートアジャスター」を備えたメタルブレスレット
メタルブレスレットは、新開発の簡易アジャスト機構「スマートアジャスター」を採用し、季節や体調による腕周りの変化時に、ブレスレットサイズをワンプッシュで簡単に調整することができます。

新着ブログ

2018.12.08

G-SHOCK × トランスフォーマー 店頭販売のお知らせ

2018年に誕生35周年を迎えたG-SHOCKと、2019年に誕生35周年を迎えるトランスフォーマー。 ...

2018.11.28

ラバーズコレクション2018 入荷しました♪

G-SHOCK × BABY-G クリスマスだけの特別な限定ペアモデル 「LOVERS COLLECTI...

2018.11.14

xC & ATTESA 限定ペアモデルが入荷しました。

xC & ATTESA 2018AWの限定ペアモデルが入荷いたしました。 「2人の未来を明るく...

ページの先頭へ

facebook facebook twitter
Copyright © 2018 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー