変わらない海の青さと何処までも続く波を、

七宝独特の透明感とダイヤルの型打ち模様で表現した特別な限定モデル

 

七宝は主に美術品や宝飾品に用いられる「エナメル装飾」の一種で、17世紀より本格的に発展し、今日までに独自の進化を遂げた日本を代表する伝統工芸の一つです。

焼成後の研磨による艶と輝きが特徴で、特に腕時計のダイヤルのような薄さと平滑さが要求される物の製作には、高度な 技術と独自のノウハウが必要不可欠です。

本作の七宝ダイヤルは、130年以上の歴史を誇る尾張七宝の老舗「安藤七宝店」が製作しました。

七宝製作の重要な工程の一つ、「施釉(せゆう)」を担う、施釉師 戸谷航氏が監修し、一枚一枚丹念な手仕事で仕上げられる七宝特有の艶やかな表情と、機械式時計が持つぬくもりが絶妙に調和した美しい逸品に仕上がっています。

 

新着ブログ

2018.09.11

SEIKO×NUTS 天然木のデザインクロックのご紹介

SEIKO×NUTS 天然木の無垢材を使用し、自然の風合いを贅沢に感じられるデザインクロックのご紹介で...

2018.09.04

台風の影響による開店時間変更のお知らせ

本日、2018年9月4日(火)は台風接近に伴い、午後一時に開店させていただきます。 ※天候や諸般の事情...

2018.08.08

ブルーインパルスが高知の空で展示飛行!

明日のよさこい祭り前夜祭では、航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の展示飛行が行われま...

ページの先頭へ

facebook facebook twitter
Copyright © 2018 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー