ホーム » 時計

BLOG

カテゴリ | 時計の記事

シチズン Collection「ダース・ベイダー」限定モデルが登場!

シチズンコレクション定番のメカニカルウオッチに、「ダース・ベイダー」限定モデルが登場しました。
「ダース・ベイダー」を彷彿させるデザインをさりげなくあしらい、日常のシーンでも使いやすく仕上げた一本です。

随所に散りばめられたエッセンス

ケースとバンドは「ダース・ベイダー」にインスピレーションを得たオールブラックで、文字板の赤い差し色は「ライトセーバー」をイメージした配色です。

5時位置の小秒針部分に「ダース・ベイダー」の顔を、9時位置の24時間計には「タイ・ファイター」を配し、赤い針は放たれたレーザーを表現しています。

裏ぶたのスケルトン部分にも赤いアクセントカラーを施しました。

オリジナルBOX付、日本限定のモデルです。

5月16日発売予定。
ご予約お待ちしております!

カテゴリ:CITIZEN , 時計

航空ファンに人気のF-4ファントムⅡ戦闘機の退役を称え製作した日本限定パイロットウォッチの第二弾、
556.F-4.Ⅱ が入荷しました!
大空をイメージしたネイビーカラーをダイヤルに採用した、限定生産200本の特別なモデルです。

「Sinn」×「ファントム」第2弾のパイロットウオッチ


ジンの歴史上類を見ないパイロットウォッチとして2021年に話題を呼んだ個性あるモデル「556.F-4」につづき、
航空ファンに絶大な人気を誇る「ファントム」の愛称を持つジェット戦闘機F-4ファントムIIの日本での完全退役を記念して製作されたモデルの第2弾として登場した本作。
今回の新たな556.F-4.Ⅱは、大空をイメージしたネイビーカラーとバーインデックスを採用することで、8つの飛行隊の部隊マークをより引き立てる仕様となっています。

8つの飛行隊とF-4装備時の所在基地

ダイヤルに配されたマークは以下の通り。


1時位置:第301飛行隊(茨城県百里基地、宮崎県新田原基地、茨城県百里基地)/マークは、カエル。百里基地付近にある筑波山で有名な「ガマの油売り」に由来し、「無事に帰る」の意味も込められている。
2時位置:第302飛行隊(北海道千歳基地、沖縄県那覇基地、茨城県百里基地)/北海道に生息するオジロワシ(尾白鷲)の部隊マークは、「302」を図案化している。(青い羽根が「3」、白い尾羽根が「0」、黄色い足が「2」)
4時位置:第8飛行隊(青森県三沢基地)/部隊マークの黒ヒョウは、過去のコールサイン「Panther」に由来している。
5時位置:第305飛行隊(茨城県百里基地)/百里基地の第7航空団に所属していた第206飛行隊の伝統や任務を引き継いだ第305飛行隊のマークは、第206飛行隊から受け継いだ水戸偕楽園の「梅」。


7時位置:第306飛行隊(石川県小松基地)/部隊マークは、イヌワシの横顔。飛行隊のニックネームの「ゴールデンイーグル」は、獰猛なイヌワシの英名が「Golden Eagle」であることから。
8時位置:第304飛行隊(福岡県築城基地)/福岡県と大分県の県境にまたがる英彦山に棲むといわれる天狗の部隊マークには、「天狗のごとく山河を越え、鎮西の空を飛翔するものの象徴」と「天狗になるな」という意味が込められている。
10時位置:第303飛行隊(石川県小松基地)/第6航空団第4飛行隊の伝統を受け継ぐかたちで誕生した部隊のニックネームは「Flying Dragons(飛竜)」。部隊マークの「ドラゴン」は第4飛行隊が使用していたコールサインをモチーフにしたもの。
11時位置:偵察航空隊第501飛行隊(茨城県百里基地)/武田信玄の川中島での「啄木鳥戦法」にちなんだキツツキのマーク。

独特な形のバーインデックス

通常の556との違いとして、2種類の太さを持ったバーインデックスがあげられます。この独特なデザインは、F-4ファントムIIの機首に付いている「ピトー管」をイメージしています。
このバーインデックスにはスーパールミノバを施しており、暗闇での視認性も確保しています。


機械の動きを楽しめるシースルーバック仕様の裏蓋

安定のセリタムーブメントを搭載し、シースルーバック仕様のねじ込み式の裏蓋からは、機械の動きも楽しむことができます。

さらに、F-4ファントムIIの重要なエレメントとして、ローターには、時計のシリアル番号とともにこのファントム公認キャラクター「スプーク」が印されています。

ジンのプロフェッショナルの高い要求に応えるパイロットウォッチの優れた機能性に加え、随所にファントムのエレメントをデザインした200本限定の特別モデルです。
お問合せお待ちしております!

カテゴリ:SINN , 時計

ザ・シチズンより、移ろいゆく自然の美しき一瞬を切り取り和紙文字板に凝縮した、Iconic Nature Collection 第2弾が登場!
花鳥風月をテーマに、それぞれ「花」「鳥」をイメージした2モデルが数量限定で本日4月11日に発売されました。
いずれも、高知県の伝統工芸「土佐和紙」を文字板に使用しています。

花と鳥。その一瞬の情景を切り取って

移ろいゆく自然の景物、その美しき一瞬を切り取り文字板に凝縮した、Iconic Nature Collection。
今回発売された2モデルは、古くから詩歌や絵画のモチーフとなり、観賞の対象となってきた「花」と「鳥」にフォーカス。
独特の風合いを持つ土佐和紙に、多層に印刷を施した上板を重ねることで、花や鳥のモチーフを繊細なカラーグラデーションと特徴的なパターンで表現。
繊細なパターンは光を受ける角度によって浮かび上がり、持ち主だけが分かるシックな美しさ醸し出します。

花にフォーカスした、AQ4100-22W

鮮やかな色彩の文字板は、「紫陽花」が色づいていくその瞬間の色合いを切り取り、伝統の吉祥文様である「七宝(しっぽう)繋ぎ」の中に花模様を加えた独自のパターンで表現しました。
深みのある上品なグリーンは、外周に向けて少しずつ色が暗くなるグラデーショントーンになっており、土佐和紙の柔らかな風合いとあいまって自然の移ろいを感じさせます。
今年、腕時計のダイヤルカラーにおいてグリーンはさらに人気が高まっていますが、その中でも独特の存在感を放つ特別な1本と言えるでしょう。

鳥にフォーカスした、AQ4106-00W

The CITIZENのシンボルでもある鷲の中でも、ゴールデンイーグルと形容される「イヌワシ」をモチーフに選定。
気流にのって優雅に風に舞う情景をあたたかみのある土佐和紙文字板の上に表現しました。
イヌワシが優雅に羽を広げ、風に舞う姿を模した独自のパターンを施しています。
デュラテクトサクラピンクの柔らかな印象のケースも特長です。

持ち主だけに静かに浮かび上がる、繊細な文字板パターン

本モデルは、定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブで、年差±5秒という高精度を誇るムーブメントを搭載しています。
「エコ・ドライブ」では文字板の下にソーラーセルを配置するため、光の透過率を確保する必要があります。そこで選ばれたのが、光を透過させながら、文字板の中に自然の美しい世界を表現できる素材である高知の伝統工芸「土佐和紙」でした。
古来より室内に光を取り込む為に障子などに用いられてきた和紙は、光発電エコ・ドライブの文字板に適した素材と言えます。
なかでも、極薄で独特の風合いを持つ土佐和紙の「典具帖紙」を使用しており、グラデーションや多層に印刷を施した上板と典具帖紙を重ねることで、繊細な模様を実現しています。
そのため、光の当たり方によって繊細なパターンがさりげなく浮かび上がる仕様となっており、さながら美しい自然の景物が微かに変化し移ろうような、身に着ける持ち主だけに分かるシックな美しさを表現しています。

日常生活における小キズから時計を守る、スーパーチタニウム

どちらのモデルも、ケースにはスーパーチタニウムを使用しています。
スーパーチタニウムは、「軽量(ステンレスより約40%軽い)」「硬い(ステンレスの約5倍の硬度)」「錆びにくい」「肌に優しい」という特徴を持ち、腕時計には最適な素材と言えます。
AQ4100-22Wでは、シチズン独自の表面加工技術「デュラテクトプラチナ」を、AQ4106-00Wでは、「デュラテクトサクラピンク」をそれぞれ施しており、優れた耐摩耗性により、すりキズや小キズから時計本体を守ります。

「デュラテクトプラチナ」の明るく透き通るような色調は間接照明の空間や暗がりの場所でひときわ美しく腕時計を輝かせます。
ダイヤルの落ち着いたグリーンを一層引き立たせてくれる透明感のあるカラーです。

「デュラテクトサクラピンク」は、変色しにくい性質も持ち合わせているため、長期間使用しても購入時の美しさが続きます。聡明で落ち着きのある繊細な色調は、プライベートでもビジネスでも映えるシチズンだけのカラーで、暖かみのあるブラウンに華やかさも添えてくれます。

どちらも世界限定300本の限定生産となっております。

高知県の伝統工芸である土佐和紙を使ったドレスウォッチは、ビジネスの集まりにも最適です。
ぜひ店頭でお試しくださいませ。

カテゴリ:CITIZEN , 時計

国産時計メーカー オリエントの70年を超える歴史において、1960年代以来50年以上に渡る系譜を築いてきた代表作。
ダイバーズデザインのスポーツコレクション「ORIENT Mako」より、2024年の最新春夏モデルのご紹介です。

コンパクトなダイバーズウオッチデザイン

本モデルはスポーティなダイバースタイルを基本にしながら、コンパクトな39.9mm ケースとシンプルなデザインが特長です。
小ぶりなケースのダイバーズデザインは、スポーティなカジュアルウオッチでありながらも、どこかクラシカルで上品な印象を与えるのでビジネスコーディネートにもマッチしますし、腕元が細い方でも違和感なく着用いただけます。
昨年の秋冬に登場したレギュラーモデルのホワイト、ブラックに続き、春らしい爽やかなカラーリングが2色、限定本数にて追加されました。
どちらのカラーも、性別を問わず使いやすくおすすめです。
(なお、ISO規格に準拠したダイバーズウオッチではありませんので、ご承知おきくださいませ。)

爽やかなラベンダー色

Orient Mako 40
RN-AC0Q04L

サファイアクリスタルの風防や20気圧の日常生活強化防水、安定した高精度と信頼性を実現するオリエントの自動巻きムーブメントといった基本はそのままに、幅広いシーンで楽しめるカジュアルでファッショナブルなデザインに仕上げられている本作。
限定カラーの一つ目は爽やかなラベンダー色のダイヤルです。
2024年春夏の注目のカラーであるパステル調の軽やかな色彩で、アウトドアシーンにも映えそうです。

意外と差し色に使いやすいライトなライラック色

Orient Mako 40
RN-AC0Q06V

限定カラーの2つ目は、こちらもこの春夏にお洋服などにも採用されている流行のカラー、ライラック色を採用しています。
りゅうずガードを省いたケース右側の形状や、カラーリングを施さずステンレススチールの質感を⽣かした回転ベゼルなど“コンパクト”、“シンプル”、“ライト(軽快感)”をテーマにした時計のデザインに、印象的なダイヤルカラーが程よい存在感を出しています。
少し暗めでメタリックさも感じさせる色調なので、意外とどんなお色のジャケットにも合わせやすくなっています。

限定生産本数のレアカラー

どちらも、それぞれ200本の限定生産のモデルになっています。
現在、店頭には継続して人気のホワイト、ブラックのカラーもご用意しております。
この機会に、お好みの一本を選んでみてはいかがでしょうか?

オンラインショップでのご購入はこちらからどうぞ!
↓↓↓

カテゴリ:ORIENT , 時計

グランドセイコーより、メーカー希望小売価格の改定が発表されました。

2024年4月4日(木)より、一部商品について価格の値上げとなります。
グランドセイコー公式ホームページに、対象商品のリストが公開されております。(PDF)
>>価格改定のリストはこちらから

以下、一部モデルの例をご紹介いたします。

Heritage Collection「雪白ダイヤル」スプリングドライブ(9R65)
SBGA211

現行価格:¥814,000-

改定後:¥858,000-

Evolution 9 Collection 「白樺」メカニカル(9SA5)
SLGH005

現行価格:¥1,155,000-

改定後:¥1,210,000-

Sport Collection メカニカルハイビート GMT(9S86)
SBGJ237

現行価格:¥902,000-

改定後:¥946,000-

Elegance Collection 「深紫」クオーツ(4J51)
STGF345

現行価格:¥913,000-

改定後:¥957,000-

気になるモデルがある方は、ぜひこの機会にご検討ください。

その他、詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ。
>>お問い合わせはこちらから

カテゴリ:GrandSeiko , NEWS , 時計

アーカイブ

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Copyright © 2021 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー