BLOG

ホーム » 時計 » CITIZEN » 【FM高知】ラジオ放送でした!

毎月第一月曜日は、FM高知でラジオ放送を行っております。
時計にまつわるあれやこれや、大西時計店 文野が、エフエム高知 松木さんにリードして頂きながらお話しさせて頂いてます^^
朝7:40頃~ radikoでも聞けますので、是非聞いてみて下さいね~。

早いものでもう、8月。
今回は、8月1日から始まったシチズンフェアでPICKUPしているカンパノラをご紹介させて頂きました。
CITIZENフェア特設ページはこちらから↓

時間を知るだけじゃない。無比の国産クォーツウオッチ


早速見ていきましょう。
文字盤に描かれた複雑な模様。様々な点や線がたくさん描かれていますが、一体何を表しているのでしょうか。
実は、、文字盤全体が星座盤になっています。


描かれている小さな点一つ一つが4.8等以上の明るさの星を表しており、なんと1027個もの恒星がこの中に散りばめられています。
よくご覧頂くと、この小さな点、大きさや色も違っていて、これによって明るさや恒星のスペクトル分類も表示しています。それから、主な星雲・星団が166個と、天の川のおおよその範囲なども描かれており、この緻密な星座盤が時の流れとともに時計とは逆に回転していくことで、リアルタイムの星の位置を手元で知ることができるようになっているのです。


まるで満点の星空をガラスに閉じ込めたかのような美しさですね。

星の動きや、太陽の位置、月の満ち欠けなどといった、天文的な情報を表示する時計というのは、実は機械式時計が誕生したころからすでに作られていたようで、昔の人にとっては時間という概念そのものが天体の動きと同じく自然の一部であり、生活から切っても切り離せない関係だったのだろうなと感じられます。
古くから存在する天文表示の時計ではありますが、天文表示のように複雑な機構を機械式時計の歯車の組み合わせでなるだけ正確に再現しようというのは大変なことです。しかもそれを腕時計でとなると許容される大きさも限られていますから、精密なシミュレーションと高い技術が必要になってきます。

複雑な機構をクォーツ式の時計で実現したカンパノラ

従来高級機械式時計に搭載されていた複雑な機構を、なんとクォーツ式の時計で実現したブランドがシチズンのカンパノラです。
ラジオでご紹介したカンパノラ コスモサイン は、¥341,000(税込・2022年8月の放送時点の価格です)。
クォーツムーブメントとは言え、このコストパフォーマンスで正確精密な星座盤を小さな腕時計の中に再現するのは簡単なことではありません。
CITIZENの培った高い技術力があればこそ実現した唯一無二の特別な時計なのです。


機能だけでなく、ケースの仕上げなども丁寧に、装着感の良い高級感ある仕上がりです。
また、国産時計ならではの、日本の東京に近い北緯35度の星空を表示しているというのも、日本のユーザーにとっては嬉しいポイントです。

ミニッツリピーター搭載の限定モデル

そして、放送の最後に美しい音色を聞いていただいた、ミニッツリピーター搭載モデルがこちら!


カンパノラ 深緋(こきあけ)。
人気のミニッツリピーターモデルの中でも特に特別な店舗でのみお取り扱いしている限定モデルとなっています。
文字板のデザインは、水琴窟の手水鉢から滴り落ちていく水の雫をモチーフに、水面に広がる波紋が表されています。


漆塗りの文字板は表情に深みがあり、角度や受ける光によって印象を変えます。


裏ぶたには、美しく音を響かせるための放音孔があります。
日常生活用防水を備えているので安心。
気兼ねなくミニッツリピーターを鳴らして楽しむことができるのも、クォーツ式ならではです。
限定モデルの証に、80本の内の一つであることも記されています。

日常的に楽しめる、手が届く独創時計

サマージャケットの腕元にさらりと合わせて頂いたり、カジュアルコーデのエッセンスに取り入れたり、個性的な機能やデザインを有しながらも、日常的に愛用して頂ける腕時計です。
ぜひ、店頭でお試しくださいませ!

カテゴリ:CITIZEN , NEWS , 時計

アーカイブ

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

Copyright © 2021 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー