BLOG

ホーム » 時計 » GrandSeiko » 【朝ぼらけ】グランドセイコー SBGY011

グランドセイコーヘリテージコレクション
44GS現代デザイン
信州の清々しい朝の情景をダイヤルに表現したニューモデルが登場しました。

グランドセイコー「朝ぼらけ」SBGY011

「朝ぼらけ」とは、夜明け、あけぼのよりも空が明るくなったころのこと。

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に ふれる白雪
という歌もありますが、今回表現されているのはスプリングドライブの故郷でもある信州の朝の風景です。

繊細な型打ち模様のホワイトのダイアルは、朝もやの向こうに目覚める山々、冴え冴えとした朝の始まりを感じさせてくれるようです。
光を受けてきらきらと、織物のような透明感のある輝きを放っています。

角度によって表情を変えるダイアルと、44GSのケースの歪みのない美しい面が放つ光の組み合わせ。凛とした日本らしいドレスウオッチと言えるのではないでしょうか。

手巻きスプリングドライブ 9R31

搭載されているムーブメントは、手巻きスプリングドライブの9R31


ひとつの香箱のなかに2つの動力ぜんまいを用いたデュアル・スプリング・バレル機構により、72時間のパワーリザーブを備えています。
裏ぶたは、シースルースクリューバック仕様となっており、受けからスプリングドライブの独特な動きを鑑賞できます。
また、パワーリザーブ表示も裏ぶた側に配されており、巻き上げ状態の確認もできます。

セイコー独自のムーブメント スプリングドライブ

スプリングドライブは機械式時計に用いられるぜんまいを動力にしながら、調速機構にはクオーツ式時計に用いられるIC・水晶振動子の電気信号を利用することで、ぜんまいによる「大きなトルク」を手に入れながら、クオーツ式時計のような正確な精度を実現したセイコー独自のハイブリッド型のムーブメントです。

ダイアルの上を音もなく滑る秒針の動きも、安定した精度を実現するスプリングドライブ独自の調速機構により生み出されます。
この滑らかな運針も、ダイアルデザインとあいまって、一日の始まりの静かな時間の流れを思わせます。

秒針と分針は、手作業で曲げられ緩やかなカーブを描き、時刻の読み取りやすさも高めています。

時と場所を選ばないドレススタイル

ケース径は40.0mm。
厚さは10.5mm。
クロコダイルのブラックストラップに上品な型打ち模様のホワイトのダイヤルは、時と場所を選ばないドレスウオッチとして活躍してくれそうです。


オリジナルの44GSにならい採用されているクラシカルなボックスガラスは、ガラス縁の厚みを抑えることで時計全体の重心を下げ、心地よい装着感も実現しています。

高い精度と、ゼンマイ駆動。72時間のパワーリザーブに、10気圧の防水も備えた実用面でも安心の1本。

是非店頭でお試しくださいませ!

カテゴリ:GrandSeiko , 時計

アーカイブ

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2021 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー