BLOG

ホーム » 時計 » GrandSeiko » 【FM高知】ラジオ放送でした!

毎月第一月曜日は、FM高知でラジオ放送を行っております。
時計に関する情報を、大西時計店 文野がお話しさせていただいています。
第一月曜日の朝7:40頃~ radikoでも聞けますので、是非聞いてみて下さいね。

今回は、国産時計の最高峰「グランドセイコー」についてお話しさせていただきました。

世界に挑戦する国産最高級の腕時計をつくる

グランドセイコーは1960年に世界最高級の腕時計を作り出すという決意から誕生しました。
スイス製が高級腕時計の代名詞とされていた1960年当時、それまで培ってきた時計技術を結集して「世界に挑戦する国産最高級の腕時計をつくる」という志のもと、生まれたブランドです。
誕生以来、腕時計の本質を高い次元で追求し、グランドセイコーの伝統と品質は今日まで受け継がれています。

実はこのグランドセイコーに関して、日本人の私たちにとっても大変誇らしいニュースがありました。
昨年開催された、2022年のジュネーブ・時計グランプリにおいて、グランドセイコーの複雑機構時計 「Kodo」 が、「クロノメトリー」賞を受賞するという快挙を成し遂げました。
ジュネーブ・時計グランプリ というのは、時計業界では最高峰となる賞で、いわば、“ 時計界のアカデミー賞 ”と言われており、これを受賞するということは、世界的な評価を認められた証なのです。

今回、グランドセイコーが受賞した「クロノメトリー賞」は、優れた精度をほこるモデルに与えられる賞になります。受賞作の「Kodo」、一体どういうものなのかというと、ぜんまいの力を一定に保つコンスタントフォース機構と、重力の影響をキャンセルするトゥールビヨンを同じ軸上に組み合わせて一体化した「コンスタントフォース・トゥールビヨン」という世界初の機構を搭載した時計になります。
この機構によって、新次元とも言える安定した高精度を実現しており、時計の歴史に新たな1ページを刻んだとして脚光を浴びています。
新機構もさることながら、光と影を取り入れた日本的な美がよく表現されている大変美しい時計です。
世界で20本しか作られていない超希少モデルではありますが、機会を得られた場合は、ぜひチャンスを逃さずご覧いただきたいと思います。

Cal.9S 25 周年記念限定モデル SBGH311

そんな日本が誇るグランドセイコー。
今回の放送でご紹介したスタッフ一押しモデルがこちらです。

Cal.9S 25 周年記念限定モデル SBGH311
今年、グランドセイコーの機械式ムーブメント キャリバー9S が開発から25周年を迎えたということで、それを記念した限定生産のモデルになります。
光を柔らかに反射しながら輝く独特の文字盤は、キャリバー9S を生み出す 岩手県雫石 にちなみ、岩手山の夜明けを包み込む「雲海」の広大な情景を表したものになります。
幾重にも重なった雲のようでとても美しく仕上がっています。

このモデル、37㎜という小ぶりのサイズも魅力的で、25年前、1998年に誕生した「SBGR001」と同じフォルムを踏襲したケースになります。

グランドセイコーの技術力があらわれた、毎秒 10 振動のハイビートムーブメントを搭載し、なんと国内本数は600本という数量限定の生産になっています。
気になる方はぜひ、お早めにお問合せくださいませ。

グランドセイコーフェアを開催中です。

ご紹介した記念モデルをはじめ、人気の限定モデルや新作モデルなど、高知県内唯一のグランドセイコーマスターショップならではのラインナップをご用意しております。
期間中のご成約の方には、グランドセイコーの非売品オリジナルグッズをプレゼント。
さらに、フェア期間中は、最大100回までの便利な分割払いをご利用いただけます。
金利手数料は大西時計店がご負担致します。この機会をお見逃しなくご活用くださいませ。

フェア特設サイトはこちらから ↓↓↓

カテゴリ:GrandSeiko , NEWS , 時計

アーカイブ

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2021 OHNISHITOKEITEN CORP. All Rights Reserved.
メニュー